アクアリウム レイアウト

山岳レイアウトミスト式30㎝キューブ水槽 傾斜角度50度(キューバパールグラス育成編)

  1. HOME >
  2. アクアリウム >

山岳レイアウトミスト式30㎝キューブ水槽 傾斜角度50度(キューバパールグラス育成編)

今回は小型30㎝キューブ水槽で、傾斜角度をつけ、山岳レイアウトをミスト式で作っていきます。

ミスト式なら50度の傾斜角度もつけられます。

ライトスクリーン30 レビュー!は⇦こちら

準備した物

  • 水槽 W30㎝×D30㎝×H30㎝
  • フィルター エーハイム 2211
  • ライト ADA アクアスカイ 1日 7時間30分照射
  • バックスクリーン  ライトスクリーン30
  • CO2 ADA タワー 1秒に2滴
  • 低床 ADA アマゾニア ノーマルタイプ8L
  • 低床 ADA アマゾニア パウダータイプ少々
  • 素材 青龍石 
  • 素材 龍王石、外部フィルター内にも使用
  • 水草 トリミング キューバ・パールグラス
  • 水草 BIO ヒドロコティレ ミニ
  • 水草 BIO プレミアム・モス
  • 液体栄養素 ADAブライティK
  • 道具 レンガ、園芸用ネット(ガラス傷防止)、印づけテープ、カミハタ ゼリー状接着剤 黒いろ、サランラップ

レイアウト

園芸用ネットをひいて、レンガで水槽を傷をつけないように防止しています。

レンガはソイルのかさ増しと、このあとレイアウト用の石を乗せるので土台代わりにしています。

ソイルは前に傾斜をつけて、後ろにいっぱいソイルを盛り、レイアウトの『奥行き』を出しています。

上からの画像

レイアウト用の『青龍石』『木の切り株に見たてた流木』を配置していきます。

別の水槽からキューバパールグラスをトリミングしたので、そのまま30㎝キューブ水槽に、まばらにまぶしましました。

ヒドロコティレ ミニ

『ヒドロコティレ ミニ』は、キューバパールグラスと一緒にまぶし『自然を演出』しました。

フレイム モス

山のふもとに『フレイムモス』を接着剤で貼り付け『林をイメージ』しました。

霧吹きをまんべんなくしてから、ラップを巻きミスト水槽スタートです。

2週間後

水草は全体的に少し増えた印象です。

特に雪崩も気になりません。

引き続き毎日霧吹きをしていきます。

3週間後 注水

キューバパールグラスとヒドロコティレ ミニの根が張ってそうだったので、注水しました。

ソイルで傾斜をつけている水槽は、崩れないように優しく注水してください。

2ヶ月後

水草も広がり水質も安定していたので、熱帯魚の『アフリカンランプアイ』を20匹入れました。

換水は1週間に1回程度です。

液体栄養素はブライティKを2週間に1度、5プッシュしていました。

3ヶ月後

水草は、気泡を出して育ってくれてます。

水質は『KH(炭酸塩硬度)が8』で『GH(総硬度)が5』ぐらい『pH(ペーハー)が6.8』でした。

完成

水中でキューバパールグラスを育てるコツ

  • 水草が育つ明るいライト
  • CO2添加
  • 低床肥料
  • 炭酸塩硬度(龍王石や硬度のある石、牡蠣殻を入れる)
  • 初期にある程度いっぱい植える(謎のあるある体験です)
  • 温度23度〜29度

肌感覚ですが、炭酸塩硬度と初期にある程度いっぱい植えると成功するような感覚です。

1回機嫌が悪くなってしまうと、復帰までに時間が掛かりますので、なるべくキューバパールグラスの『機嫌を損ねない内に育てきる』事が成功の秘訣のように感じます。

まとめ

今回は全体的に水質のトラブルもなく完了しました。

やはりメインであるキューバパールグラスを、あらかじめミスト状態で育てておくと、ソイルの雪崩や水草の成長不良をうまく回避出来ているように感じました。

-アクアリウム, レイアウト
-, , , , ,