アクアリウム レイアウト

山岳レイアウト ミスト式(キューバパールグラス育成編)

  1. HOME >
  2. アクアリウム >

山岳レイアウト ミスト式(キューバパールグラス育成編)

石組レイアウトに良く合う、水草キューバパールグラスを育てていきます。

葉が小さく一面に広がったキューバパールグラスの美しさは、息を呑むほどです。

ミスト式なら、ポイントをおさえておけば、容易にグリーンの絨毯を作る事ができるのでお試しください。

前回の山岳レイアウト ミスト式(黄虎石レイアウト編)は⇦こちら

前回レイアウトに準備した物

  • 水槽 W60㎝×D30㎝×H36㎝
  • フィルター ADA スーパージェットフィルターES-600
  • ライト ADA ソーラー1 1日 7時間30分照射
  • バックスクリーン ADA ライトスクリーン60
  • 低床 ADA アマゾニア ノーマルタイプ4L
  • 低床 ADA アマゾニアver.2  ノーマルタイプ9L
  • 低床添加剤 ADA バクター100
  • 低床添加剤 ADA クリアスイーパー
  • 低床添加剤 ADAトルマリンBC
  • 低床添加剤 ADA penac (ペナック)W
  • 素材 ADA 黄虎石10Kg
  • 道具 園芸用軽石、園芸用ネット(滑り止め)、わた、ハケ、印づけテープ、カミハタ ゼリー状接着剤 黒いろ

今回レイアウトに準備した物

  • CO2 ADA タワー 1秒に2滴
  • 低床 ADA アマゾニア パウダータイプ少々
  • 素材 ADA 龍王石(外部フィルター内に使用)
  • 水草 BIO キューバ・パールグラス×5
  • 水草 BIO プレミアム・モス
  • 道具 サランラップ

レイアウト

スネール予防にカップの水草を使っています。

20度ぐらいの流水で、水草に付いている寒天を流しながら、小分けにしていきます。

流水をかけ流していると、水草の根は解けてきます。

2パック分のキューバパールグラス

植えると言うよりは、『置いてるだけ』です。

キューバパールグラスの根は細いので、まとめて植えるのは至難です。

水中だと、浮いて来る事が良く有りますが、この辺りはミスト式の利点です。

根に負荷がかからない方が良い。

3パック追加

合計5パック分のキューバパールグラスを置きました。

早めに完成させたかったので、ほぼ満遍なくキューバパールグラスを置いています。

根付きが良くなるように、粒の小さいアマゾニア パウダータイプを少々かけています。

霧吹きで全体を濡らして、乾燥予防に3㎝ぐらい水を入れています。

ライトでソイルが乾燥する意味でも、水を入れた方がいいです。

サランラップを隙間なく巻くと、ミスト状態になります。

時期や部屋の温度によって、水槽内が結露して曇ります。

毎日朝、晩『霧吹き』しました。

キューバパールグラスとその周りが濡れるぐらい霧吹きします。

ミスト式のメリット、デメリット?

メリット

  • 傾斜を容易につけられる(背景に沢山ソイルを盛る)
  • 後から容易に植物を足せる(水を張っていないので、容易に植え足すことができる)
  • 育成が困難な水草も育てやすい(キューバパールグラスやウォーターローンなど)
  • ソイル立ち上げ初期の、コケのつき方が違う(水草が健康に育つと、養分をグングン吸ってくれるので、立ち上げ初期のガラス面や水草につくコケの量が圧倒的に変わります。

デメリット

  • 毎日の霧吹き(水やり)
  • 曇っていて中が見えない(ミスト中は曇りやすい)
  • 直ぐに魚を入れられない

水草レイアウト水槽では、ミスト式で立ち上げた方がメリットが大きいのでミスト式はオススメです。

2週間後

頼んでおいたBIO プレミアムモスを1パック追加

『石の形が悪いところ』や、『石の力が強いところを弱めるために』モスで隠します。

モスは接着剤で貼り付けました。

2週間経つとキューバパールグラスも少し増えてきて、水草同士が1部重なってきます。

だいぶ遅くなってしまいましたが、外部フィルターを回して『濾過バクテリア』を育てました。

レイアウトと同時にフィルターを回しておいた方が良いです。

3週間後

3週間経つともう水を入れられそうですが、次週にしました。

水草が増えるほど、根付きも良くなるし、雪崩も起きにくくなります。

4週間後、注水

モスにも毎日霧吹きをしました。

注水です。水を入れた後すぐは、気泡が沢山つきます。

ソイルの雪崩は全く起きませんでした。

同時にカージナルテトラも入れました。

5週間後、完成


ほぼ、グリーンの絨毯は完成です。

あとは時間をかけて隙間まで、キューバパールグラスが埋め尽くしてくれるのを待つだけです。

ミスト式で水草を上手に育てる方法

霧吹きを最低1日1回、できれば2回霧吹きをすれば『水槽内と植物のリフレッシュ』になります。

意外にミスト状態にしていると、水槽内の温度が上昇しすぎて、枯れるパターンがあります。

毎日霧吹きをしていれば、ラップを外すことになるので、新鮮な空気をとりこめ空気の循環になるので霧吹きしてください。

温度管理も大事なことです。今回は水槽内20度以上30度未満で育成しました。

ライトがつくと温度が上昇します。空調でうまく調整するといいと思います。

ミスト育成中、葉が部分的に黄色くなってきたら、そこの部分は枯れる可能性があります。

注水しても、レイアウトに支障がなければ注水し、まだレイアウト初期段階で崩れそうなら、そこの部分は諦め、他の部分のキューバパールグラスを持ってきて、置き直すか、枯れた部分を覆い尽くしてくれるのを、待つかです。

注水後ですが、『キューバパールグラスはGH:5~10、KH(炭酸硬度)』つまり、石の硬度が有る程度必要です。私は黄虎石を使いレイアウトしたので、時間が経つと硬度が下がってきます。そうするとキューバパールグラスの育ちが悪くなるので、外部フィルターに龍王石を入れています。一般的なのは、牡蠣殻を入れておくとソイルが入っている水槽でも、硬度を保ってくれます。

-アクアリウム, レイアウト
-, , , ,