アクアリウム レイアウト

水草・前景草【エキノドロス・テネルス】の育成にっき④ラスト!!

  1. HOME >
  2. アクアリウム >

水草・前景草【エキノドロス・テネルス】の育成にっき④ラスト!!

水草育成環境

  • 水槽 W60㎝×D30㎝×H36㎝
  • フィルター ADAスーパージェットフィルターES-600
  • ライト ADAソーラー1 1日7時間照射
  • CO2 1秒に2滴
  • 低床 大磯砂
  • 低床肥料 テトラ・イニシャルスティック 規定量の5分の1
  • 液体肥料 ADAブライティK 2週間に1回 1Push
  • 液体肥料 ADAグリーンゲイン 1ヶ月に1回 6滴

植栽から4ヶ月経過

早いもので植えてから4ヶ月が経過しました。

前回のボウフラ大量発生はカージナルテトラが撃退してくれました。口に入るサイズの生物をよく食べてくれます。

一方、テネルスは超ゆっくりの成長です。

成長が遅い理由は、大磯の砂が水質をアルカリ性に傾けたので育ちがわるかったみたいです。

小慣れた大磯の砂(使い込んだ大磯の砂)ならもう少し早く全体を草原にしてくれたかも知れません。

小慣れた砂がない場合はアクアソイルの方が育ちが早いと思います。

6ヶ月経過

新しい水草が欲しくなり2種類1ポットづつ追加しました。

あまり根を痛めないように、水温20度ぐらいの流水で寒天をやさしく取り除いた状態です。小分けにする時も流水をかけていると葉が勝手にほぐれてくれます。

少し間隔を空けて小分けにした水草を植えました。

植えた水草の画像

右側奥にエキノドロステネルス・ブロードリーフです。『普通のテネルスより葉が太くライムグリーンの色味をしています』。増え方は3㎝ぐらいの間隔でランナーを出し増えていきます

左側奥にはインディアン・クラススラを植えました。『この水草は葉が小さく細い印象です。色味はライムグリーン』、増え方はランナーを出して増えますが、ランナーが短い為少しずつモコモコに広がって増えていく印象です

7ヶ月経過

新しく植えた水草は勢いよく育ってくれました。新しく植えたところに、アクアソイルをふりかけたのが、よかったのかも知れないです。

特にインディアン・クラススラは育ちが早い印象です。

最初に植えたテネルスは遠目で見れば全体に広がっているようにも見れますが、所々生えていないところもあります。反対に一部葉の長さが10㎝オーバーのテネルスもいました。

8ヶ月経過

今回はこれで完成にしました。

テネルスは最終的に隙間はあるものの、この環境でも頑張って育ってくれました。黄色くなったり、新葉が溶ける事もなく、丈夫な種類の水草だと思います。

コケについては、緑ゴケはガラス面に付着していましたが藍藻は出ませんでした。

黒髭ゴケはたまに水流のある所の葉に付着してたので、見つけ次第トリミングしました。あと流木などの素材も入れていなかったので黒髭ゴケが出にくい環境だったと思います。

今回でエキノドロステネルスの育成日記は終了です。見て下さった方々、ありがとうございました。

次回は違う水草を記事にしますので、よかったら見に来てください!

-アクアリウム, レイアウト
-,