アクアリウム パルダリウム 未分類 製品・器具

ADA LAB GINZA 視察ツアー

  1. HOME >
  2. アクアリウム >

ADA LAB GINZA 視察ツアー

今回は、ADA LAB GINZAに行きまして『数々のおしゃれレイアウト』や『大迫力の水景』を見て来ました。

心身ともに癒される時間でした。

ザックリと写真も撮らして頂きましたので皆様にもお届け出来ればと思います。

*ADAホームページ上で公表していない商品の値段はモザイク加工をさせて頂いていますので、ご両所下さい。

AQUA JOURNAL vol.320より抜粋
AQUA JOURNAL vol.320より抜粋

フロアは5スペースに分かれていて様々な見どころがあります。

ENTRANCE AREA

エスカレーターを上がって行くと、まず『向かい合わせの水草ミストウォール120』でお迎えしてくれます。

大迫力の『150㎝』と『120㎝』の水景が広がっていました。

円柱の周りに『Tシャツ』や『本』や『レイアウトされているガラスポット MARU』などの物販物が並んでおります。

LAB限定のガラスポットKAKU

おひとり様2個まで買えるとのことです。

よく売り切れになるので、欲しい人はADA LAB の Instagramのストーリーで在庫を確認してから行くと良いみたいです。

システムパルダ30、60が並んでいます。

少し離れた場所にアクアリウムがレイアウトされていました。

どの水槽を見ても、水草の発色が良く綺麗に育っていて熱帯魚たちも気持ちよさそうに泳いでいました。

水の透明度も高く、新潟のギャラリーを思い出しました。

GREEN HOUSE AREA

ビカク シダ、ティランジア、洋ランなどの着生植物の販売やガラスポットシズクが一つ一つ丁寧にレイアウトされています。

棚にはベゴニア、多肉植物、着生ラン、ジュエルオーキッド、アグラオネマ、モス類、水草の森、ホーンウッドや溶岩石パックなどの素材までフルコンプリートされています。こちらも購入可能です。

レパンテス カロディクティオンは組織培養で製品化されているみたいで、数多く販売していました。

CASE GALLERY AREA

ミニ水槽が並んでいます。

中でも会場限定の『蓋付きのキューブガーデンスペリア』は圧倒されます。

CASE GALLERYの横では、龍王石を計り売りされていました。

タイミングよく見れたのですが、即興で何分も掛けずにこれ程のレイアウトをされていました。

お客さんは、レイアウトをしてもらいそれを購入出来るみたいです。

SETTING LAB AREA

事前にネット予約が必要ですが、レクチャーを受けながらミニパルダリウム製作が出来るみたいです。

器になるガラスケースから低床、レイアウト素材、モスの種類、メイン植物まで自分で決められ『オリジナルのミニパルダリウム製作』をアドバイスしてくれるのは、初心者の方は始めやすいと思います。

PRODUCT SALES AREA

ここではADA、DOOAのメンテナンス用品が取り揃えてありました。

最後にガラスポットKAKUを購入させて頂きました。

ノベルティーで『Case Study Book』と『ADA LABシール』を 頂きました。

ありがとうございます。

まとめ

大変目の保養になりました。実際に行ってみると見どころが多く、飽きる事なく楽しめました。白衣を着たスタッフの方からは『レイアウトの事』や『植物の管理方法』まで詳しく教えて頂き勉強になりました。

開催期間は再延長されて2022年の8月28日(日)2023年1月末(火)まで東急プラザ銀座5F 開館時間11:00〜20:00まで営業してるので興味がある方は是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

車で行かれる方は、東急プラザ銀座の駐車場に直接停められ、2000円〜『買い物や食事をすれば駐車代の割引きや駐車代がかからない場合もあるので』オススメです。

-アクアリウム, パルダリウム, 未分類, 製品・器具
-